FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

光の本

更新しました。

今回は、萬屋健司さんの「ハマスホイの部屋へ」
と、
イナガキの「おばあちゃんの食器棚」

健司さんの原稿は、ハマスホイの絵の中でも稀有な存在のイタリアの絵。
不思議な印象を抱いていましたが、健司さんの原稿を読んで、
ああ、そうだったんだ、と目を開かせてもらった気がしました。
ひとりの画家に近づいていく、そんな喜びを感じて。

私の渡航とはバトンタッチのようでしたけれど、
7月の半ばにデンマーク、イタリアを訪ねた健司さん。
夏のヨーロッパの光を浴びてきてから描かれた文章です。

さて、食器棚。
今回は、磁器のポットと陶器のふた。
「ふた」さんがトツトツと語っています。

では、ぜひどうぞ。

光の本

PageTop