FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

北欧3日目middelaldercenter

080810aa

今日も快晴!

カオリさんの家からバスに乗って、BornholmsMiddelaldercenterへ。
今までなかなか機会がなくて、今回初めて行くことができました。

小さな森の中を歩きながら、中世の手仕事や遊びに触れる場所。
エントランスから、森の小途をてくてくてく。


080810cc


あ、草木染めの糸。


080810bb


茹でる釜などもありました。
作業する日もあるのですね。


080810m


お姉さんは、組みひもを作っていました。


080810o



素敵な家の中には、


080810ee


おお、なんと大きな!


080810dd


大きいと言えば、



080810gg


パンが、焼き立て。


080810ff



あれ?
見たことのある籠が・・
kegoyaさんのあけびの洗濯籠ととても近い雰囲気。
こちらは、柳で編んでありました。



太鼓の音に連れられて行くと


080810hh


芝居小屋。
ちょうど子どもたちのお芝居が終わったところ。
観客の拍手に応えていました。
見てみたかったな、お芝居。



080810i


芝居小屋からちょっと離れた木陰で、愛らしい笑顔のおばあちゃんが座っていました。



080810l


と、やおら立ち上がって、鍋に向かい・・・



080810j


芝居小屋のランチタイム!
なんだかほんと、おいしいそうだったなぁ。


デンマークには民俗博物館やこの中世をテーマにしたテーマパーク?
のようなものがいくつかあります。
日本では、そういうところに行きませんけれど、デンマークではとても好き。
なんでかなぁ。
その理由の一つが、服装や調度品が、ほんもの(あるいは、かなりほんものに近い)
ということもあるかもしれません。
そして、そこで働く人たちの表情がいいんです、とっても。


080810q


いい表情といえば、動物たちも。
牛、羊、あひる・・・

のびのびくつろぐ表情を見ていると、日本で口蹄疫に苦しむ動物たちや、
それを巡るひとたちのことが心に浮かんできて、
苦しくなってしまいました。


080810r


家畜と人との健やかな関係。
願うのですが。


080810p


もっと盛夏になると、マーケットも出るそうです。
最盛期シーズンの前だったようで、ちょっと残念。
でも、いつか、そんな賑わいの日にも来てみようと思いながら、バス停に戻りました。

次に向かったのは、母校。

PageTop