ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北欧のちゅうぶる

180810ii

実はデンマークのANTIKや蚤の市から連れ帰ってきたものも展示していました。
控えめに、棚の扉を閉めていたりして。。
それでも気づいてくださった方が、だいぶ選んでくださいました。

150810aa

これは、今日新たにお出ししたもの。
母の日プレート。
毎年、母子の動物の絵皿が出ているのです。
1971年は猫、1978年は鴨?

180810bb


1974年は白くま、1979年はキツネ。
壁に飾れるように、穴があいています。

180810cc

これは、なんだかとっても惹かれた風合い、質感。
ブロンズのお皿。
ずしり、重かったです。。


180810dd


縁の文様が、北欧らしく。。



180810gg


真鍮の皿に、フォークとナイフ。


180810hh

カトラリー。
状態がよくて、妥当な価格であれば、このデザインのものと出会ったら必ず買って帰ります。
日本の器との相性がいいんです。
重さや、フォークならフォーク部の長さ、スプーンなら、スプーン部の深みなど、
ナイフ&フォークの文化の国のものは、日本のものと微妙に違っていい感じです。
でも、あんまりデコラティブなデザインだと、和食器に合わないですし。。
そんな中で、この柄のデザインのものは、とっても重宝しています。

今回は、あとは大振りなフォークが残っているだけですが、
よろしければご覧ください。

他にも、愛らしかったり(猫の本!)、
1900年初頭の美しかったりする装丁の本だったり、
なんだか不思議な建築パーツとか、とか。。

好きな人は好きで、そうでない人には、ガラクタなのでしょうけれど、
そんなものを見ていただくのも楽しい旅気分かなぁと。


180810ee


そうそう、こんなものも。
前にも一度連れ帰りました。
なんでしょう、これ??

:::





答えは、靴下の穴繕い用のアテ。
キノコのようですね。
靴下の中にこれを入れて、繕っていくのです。
なんとも愛らしいので、見つけると連れ帰ります、これも。


:::

スミマセン。。
これらユーズドのものは、状態を直接ご覧いただき、
気に入っていただけた方にお渡しさせていただきたいので、
通販は行っておりません。
どうぞご理解の程、お願いいたします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。