ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

実生の取材

月曜日は、ある雑誌の取材で(9月の発売日が近くなったらご案内しますね)
終日らふと。
おりひめ神社のおりひめ会議。。。
とでもいいましょうか、着物をテーマに伊沢明子さん、佐藤千香子さん、に集まっていただきました。
ローズマリーでの草木染めをし、その後着物に着替えてらふとの中で茶話会を行いました。

嬉しかったのは、この企画が編集者さんご自身が、
何度もらふとに足を運んでくださって、この空間から
何かを感じ取った上で始まったこと。
着物の雑誌ですが、着物に興味がそんなにない方でも、
きっと心に響く頁になっているように思います。

こういう出会いもまさに「実生」の出会いと感じます。
必然のものだから無理がないのですね。
編集者の方はもちろん、ライターの方もカメラマンの方も
着付けの方も皆さん気持ちのよい方々で、豊かな時間をいただきました。
終日の撮影できっとみなさんお疲れだったと思うのですが、
心はほかほかになったのでは。。(少なくとも私はそうでした。。)

そうそう!伊澤さん、私は着物を着ました!
(私は黒子ですから、ちょこっと写っているくらいだと思いますが)

伊澤さんは中国の手織り綿に刷毛染めした着物と帯。
私は草木染めのちょっと紅型調の小紋に昭和30年代の名古屋帯。
どれも私の持ち物なのです。。が、あまり着る機会がなくて。。
伊澤さんとぉーーってもお似合いで、楽しんでくださいました。
着物たちもきっと喜んでいるでしょう。
雑誌発売、どうぞオタノシミニ~。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。