FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

始まりました。

280710h


荒澤聡子さんの新鮮な色調の器など。


280710c


手織りの麻のハンカチ。
高見由香さんの手から。
心の贅沢。
こんな贈り物をもらったら、ぐっと心が動きませんか。


280710d


ちさきものたち。
右から、成瀬彩さんの木彫のトリのブローチ。
とても丁寧に彫られていて、トリの羽ばたきの一瞬を感じられるよう。

中央は金子佐知恵さんの陶の実鈴、巻貝、ウニ。
夏の演出にフラワーベースのふもとに散らしてみても涼やか。

左は、大桃沙織さんのボタン。(旧姓、平井さん)
真鍮やアルミの装身具、小物入れ、スプーン、小皿などなど。
こちらも小さきものを愛する方々に。

280710e


tsukasa mitomeさんの銀と真鍮の装身具。
ひとつひとつをお手元で見てみてください。
金属と透かした(抜いた)表情が、とても涼やかです。
(気づけば、ホンマユミコも、ウサ村さんも私も愛用中でした。
でも、お揃いに見えないのも、ミトメさんのバリエーションの広さでしょうか。)


280710f


萩原朋子さんからも、たんと作品が届きました。
夏の水(湖?)の色もいろいろ。


280710q
↑こちらは、朋子さんのブログからいただいたもの。
旅をテーマに

『どこかの街並みに迷い込んだような世界が作れたらな、、』

と思って制作されたとのこと。
うれしいですね。
そう思って、あらためて作品に向かい合ってみると、
物語がむくむく生まれてくるようです。
朋子さんファン、必見のオトナツです。


280710f


針の森さんからもこぎんが3点届いています。
何でしょう?これは。。
正解はヒナタノオトで。
それにしても、右側の黒いこぎん。
本に見えませんか?

280710b


いわもとあきこさんの裂織りのバッグもたくさん。
白いシャツに似合うもの!ですって。
蛍とか、イチゴミルクとか、宇治抹茶とか、今回も、「凛としてくすっと光線」
ビーム効いています。
(コモノは、後日追加とのことです。また、あらためてお知らせしますね)

まずはさくっとのご紹介を。
印象的な作品を、夏を通してゆっくりご紹介させてくださいね。

では、旅の心でヒナタノオトへ。
冷たいお飲み物をご用意してお待ちしています。

:::


荒澤さんの作品を展示した棚が(画像の他にも)
とてもとてもキレイで、新鮮に心に映りました。

展示していたのは私。
搬出に没頭していたのはホンマユミコ。
ふと、搬出の手を止めて、
その美しき作品群をみて、言うのです。


「あら、あら、あらさわさん?」


心底マジに言っただけのホンマユミコ。

私とスタッフkさんの一瞬のビミョウな沈黙。

夏のひととき。

PageTop