FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

北欧2日目午後

北欧の旅。

例年、レポートが尻切れトンボ気味でしたが、
今年は発想を変えました。

すぐにアップするばかりに意味があるわけではないぞ。
夏の間をかけて、10日間をゆっくり味わい直そうと。
一粒で二度おいしい(って、わからない人が多そう、ウサ村さんとか)ように。

というわけで、実は北欧に着いて、まだ2日目の午前までしか、
ブログにアップしていないのでしたが、ぼちぼち続けますね。


::::


澄み渡る青空の下、お墓をお参りしたあとにフェーバーが連れていってくれたのは、
Arts & Crafts Association Bornholm


210710a


古い建物をリフォームして、ボンホルム在住の工芸作家が共同で運営しています。
実はフェーバーもその会員のひとりです。
刀をモチーフとしたカスタムナイフを出品しています。
ホームページがとても見易く、ボンホルムの作品の感じもわかるので、
ぜひどうぞ。
ACAB

210710c


同じ建物の上階には、企画展もやっています。
今回は、ボンホルム特産だった柱時計。


210710h


工房も再現されていました。

さらに上階に行くと。

210710b


わぁ~ウツクシイ。。
あれ、これは日本人でデンマーク在住で活躍されている
有子高田ケラーさんの作品ではないですか。

京都のモーネの井上由季子さんと同級生で、とても親しくされていらっしゃる方でした。
(一度デンマークでもお宅にお伺いさせていただいたことがありました。)

トリハダがたつほどぴちっとしていて、でもかすかで、清らかで、
心にさざなみが沸き起こってくるような。。
トレーシングペーパーがこんなに人に何かを感じさせてくれるなんて。
広やかな一室を使った展示でしたが、ほんとうに心が洗われるようなひとときでした。


:::


210710d


次はフェーバーの家のすぐ近く。
(家の概観も少しフェーバーの家に似ています)


210710g


ろうそく工房。


210710e


す、すごい。
こんなお部屋がいくつもあるのです。

210710f

そして、ここで作ってもいるのですね。
この日は、制作お休み中でしたけれど、
以前ディッピング中を見せていただいたこともありました。


210710i
Det Gamle Lysestøberi (以下3つはiphoneにて)

どれもこれもすてきなろうそくなのですが、
2日目から重い荷物を抱え込むこともできず。。

どうしても差し上げたい方にひとつを選んで、


210710h


いつかヒュッゲの夕べで使おうかと、ディッピングのものを二組。



210710j



さて、その後、3泊お世話になるお宅へバスで向かいます。
「人間国宝」さま!のお宅です。



210710m

PageTop