ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さくらんぼ、プラム、そして桃!?

140710b


北の国からプリプリのさくらんぼをいただきました。
戸田晶子さんの瑞々しいガラス鉢に。


140710a


甲斐の国からはツヤツヤのプラムを。
こちらは大谷哲也さんの白磁の鉢に。

この鉢はスープ鉢という名前ですけれど、
いろいろな食物に似合います。
写真映えもひとしお。陰影がいいのです。
カメラ×食べ物好きな方には、特にお薦めです。

:::

哲也さんのおつれあい、大谷桃子さんとさこうゆうこさんの展覧会、
百の蓮(はちす)・百の氷もいよいよ土曜日から。
今頃、お二人は暑さの中で、お仕事をきわめていらっしゃることでしょう。


140710q


以前お訪ねしたときの記事はこちら

桃子さん → 
さこうさん → 


桃子さんと知り合ったのは、まだ桃子さんが独身の頃、
12年ほども前のこと。
今は3人のお嬢さんのお母さんでもある桃子さんですが、
初めてお会いした時は、アメリカ、そしてインドネシアでの
文化人類学の学びから戻られたばかり。
愛らしさは今と変わらずですけれど、どこかぴりっとインテリな感じが
また素敵な女性でした。

陶芸作家のご両親のもとに生まれ、違う学問の道へ進み、
巡り巡って、導かれるように陶芸へ。
いつも自分の心の耳を澄ませて正直に。
そして決めたことは精一杯進めるひと。
うんと楽しみながら。。。
そんな桃子さんの来し方を、光の本の実生の仕事でもお伝えしたいと思っています。

土曜日は、桃子さん、さこうさんもヒナタノオトに。
皆様、ぜひお出かけくださいませ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。