FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

十人十色

明日、いや、、今日から、ヒナタノオトで企画展が始まります。

十人十色

10kabe



以前、らふとギャラリーがショッピングセンター館内で運営していた時に、
数回同名の企画展を行いました。
10人の作家にそれぞれ色をイメージした言葉を御題として投げかけて。
それぞれの色、言葉のイメージ。
そして十人の奏でるイメージ。
とても楽しい会でしたので、ヒナタノオトでも新鮮に。

今回は、10のコトバが暑中お見舞い(ちょっと早いけれど)のように、
皆さんに届いたらなぁ、という願いもこめて。

まずはvol.1ということで、5人の作家。

:::

10kan1

伊藤環さん × 空
銀彩が人気の環さんですが、ながーい目で目指しているのは、
きっと白磁なんだろうなぁ、と思っていました。
「環さん、白磁で」とお願いしたら、とっても嬉しそうに応じてくださいました。
空、という一文字に決まるまで、何度もやりとりを重ねて・・・。
このことばに至ったわけは、作品を見ていただけたら、伝わるかしら。
洋風な器と和の器のふたつのタイプを、釉薬を変えて作ってくださいました。
10kan3



:::

10kita

キタムラマサコさん × 壜
ワインボトルやドリンク剤、はたまた化粧壜・・・。
それらを美しくカットしてさりげなく彫ることで加飾する。
花活けやモビール、カード立に生まれ変わります。
リユースというエコロジカルな作品であって、
でもまず美しい。
そんな「エコ」をヒナタノオトでは紹介したいです。
そうそう、壜って内径は歪んでいるのですよ。
私も初めて知りました。
そのゆらぎの美しさも必見。
10kita2

↑これはドリンク壜を縦割りにしたもの。
・・・壜って、土に曇(くもり)って書くのですね。

:::

10hagi

萩原千春さん × 翠
ポットでも人気の千春さんが取り組んだのは、翠。
一度少し作られたことがあった色でしたが、あらためて取り組まれて。
千春さんの青磁やハチミツ色のトロンとした色合いに、
新たに翠が加わって。
定番にしてもらいたいウツクシイ器が届きました。
この色のポットは限定5つです・・・。
10chiha

ほかにカップやお皿も、心楽しく。
(お皿は涼菓にぴったり!)

:::

10mou

舞良雅子さん × 氷
ストール好きな方、必見。
大人の素晴らしい絹のストールが届きました。
氷、というお題は、舞良さんにぴったり。
クールビューティー。
素肌に美しく映えるように心がけて織ってくださったそうです。
(ストール好きなホンマさんもイナガキも搬入段階で燃えました。氷なのに!
今日はいなかったけれど、きっとカノウさんも燃えるだろうなぁ。
スタッフ間では氷の火花が・・・。
でもお客様優先でゴザイマス。ハイ。)
織りのストールのほか、オーガンジーのものや、マットや絹箱の新作も。
10maou4



:::

10yuki

有紀ferdinandsenさん × 霰

デンマーク、ジョージジャンセンで彫金師として働いていた有紀さんの
銀のリング、ネックレス、ベルト・・・。
鉄瓶や兜の表面のテンテン、そう、そのテンテンをアラレ、というのですが、
その技法を生かして作ったジュウリーです。
有紀さん、今年はデンマークの工芸賞でマーグレーテ女王から
メダルを受けました。
日本人では初めてでかつ2度目の快挙。
そんなアラレのお仕事、ぜひご覧ください。

:::

まずはざっくりとご案内を。
お越しをお待ちいたしております!

PageTop