ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ご一緒しませんか

galleryらふとで、来週の土曜日29日に行うワークショップ。

大きな庭の小さな風景-実生の苗の鉢植えづくり

このワークショップ、ちょっとわかりずらいかもしれませんけれど、
お薦めです。

210510q


ニッケ鎮守の杜に、自然に生えてきた樹木の苗木を見つけて、
鉢植えに仕立てるもの。
そう、実生(みしょう)ですね。
実生という言葉は、私にとってとても大切な言葉。。。
光の本でも、実生の仕事、というテーマで文章を重ねていこうと思っています。


210510a

この木。
らふとに来られた方なら覚えていらっしゃいますか?
白樫(シラカシ)という木ですが、誰も植えていないもの。
そう、きっとトリさんが運んだ種で生えた木だろうと言われています。
これも、実生、なのですね。

さてこのワークショップ。
講師は大野八生さんですもの、ただの寄せ植えとは違います。
動物のオブジェを添えたり(ご用意くださるそうです)、
苔を盛ったり、絵を描くように鉢に向かいます。
そして、最後には、その鉢に名前をつけてもいいですね。

210510b

先日、まずは大野さんとウサ村さんで庭をまわって苗を見つけてみました。
桜、クスノキ、榎、つわぶき、ニレ、キリ、カキ...
この庭にない種類のものも、結構あるのですね。
画像はシイの実生の苗。
ほら、ここでドングリ拾いした方、いらっしゃるでしょう!
そのドングリが土に埋まって、こうして芽吹いたものなのです。
(なんだかウレシイ)
これらの実生の苗を柱にして、寄せ植えをしていきます。
(ちなみに、これらの苗は、このままではおそらくこの場では生き抜くことはまず難しいでしょう。
たくさんの苦境をくぐりぬけてきたこの苗に、ぜひ新たな場を作ってみませんか。)

八生さんのワークショップといえば、いつも素敵なてづくりお土産付き。
今回もあるみたいです。
な、なんだろう・・・。

急な日程だったこともあって、お席に余裕がありますので、
こちらでもご案内させていただきました。
当日は、ウサ村さんとイナガキもご一緒させていただきます。
ホンマ夫妻、らふと茶菓部のお菓子もお楽しみに!

参加ご希望の方は、らふとメールフォームからお申込みください。
詳細は↓こちら。

第1回:10時半~12時半
第2回:14時~16時
定員 各回10名 会費 3300円 季節のお茶菓子付き

どうぞ一緒に実生体験いたしましょう!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。