FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

2012年、ありがとうございました!

2012年もあとわずかですね。

311212a


HPのトップ画像を新しくしました。

あわせて、一月の展覧会のお知らせも更新しています。
こちら → 

25日からの企画展の前には、
11日(金)~14日(月・祝)窓辺カフェ特別メニューとして、
「女正月」を開きます。
メインメニューは、作りたて白玉汁粉。
女正月といっても、もちろん男性大歓迎ですよ。

冬ならではの室内での楽しく美しい過ごし方。
ご一緒できますように。。。


+++

写真はまだポジフィルムで撮影していた頃。
2000年くらいかしら。
デンマーク、ボンホルム島の敬愛するフェーバー先生の
お宅に泊めていただいたときのもの。

窓の外はすぐバルト海。
ぐっすり、ふかぶかと睡りました。
(ちなみに寝具は「Futon」と呼ばれていましたっけ)

去年今年貫く棒の如きもの  虚子

皆様もふかぶかぐっすりお休みくださいませ。
そして、2013年、ぜひ佳い年にいたしましょう。

スポンサーサイト



PageTop

余白を整えよう

あらためまして、今年もヒナタノオトにお越しいただきましてありがとうございました!
また、全国(世界?)から、このブログなどをご覧いただき、お気に留めていただき、
スタッフ一同感謝申し上げます。

:::

今日はニッケ鎮守の杜、お庭の手入れが午前中のワーク。
午後は、ニッケのデスク周りの大掃除を進めました。

そして、明日はスタッフ総出で、ヒナタノオト。
ご出品いただいた作家の方々へ、感謝をこめて搬出を進めます。
お届けものが到着するまで、今しばらくお時間くださいねー。

ほかにも、あれやこれやと溜めてしまったことも、ひとつずつ片付けて。。。
それぞれ得意分野を生かして?
(みんな個性が際立ってきて(笑)チームとしていい味出てきています・・)
余白を清々しく整え、新年を迎えられるようにしたいと思います。

:::

今年もお陰様でこうして綴ることができていますが、
じわじわっと変化のあった年でした。
ええ、ほんとうに。。。

作家の方との関わり方も、あらためて気づいたこと、
考えさせられたこと、そして学んだことがたくさん、
そしてその幾つかは、とても重く、濃いものでした。

わたくし個人としては、こうしていられるのは、
ほんとうにスタッフと家族の支えがあってこそ、
としみじみ感じています。

本を出版できたり、工房からの風が無事10回目の開催ができたり、
小舟町に移転してから、ギャラリーショップとして、
少しずつではありますが、広やかに帆を進ませていただいていること。
ひとりでは、今の自分の状況ではとても出来ないことでした。

夏以降、父の容態が芳しくなく、入院、転院、
そして5年を過ごした介護ホームの退去がありました。
医師からの決断を迫られることばかりが続き、
役所にもさまざまな手続きで追われる日々。
何より、私とは価値観が異なる父を尊重しながらの日々は、
心が塞いでしまうこともあって、
心の身動きが取れなくなりそうなこともしばしばでした。
ちょうど工房からの風の前後が一番あわただしいときで、
そんな中でもこうして仕事を進めることができたのは、
奇跡のように思います。
ホンマユミコ、うさみともこをはじめ、周りのひとが
ほんとうに支えてくれたからこそのことでした。

私の力不足で、ご連絡をマメにできなかったり、
さまざまな失礼があったことと思います。
この場からではありますが、不信や不快に思われたことがありましたら
お詫びいたします。
けっして、疎かにや軽んじてのことではなく、
手足や心が動けずに、言葉(声や文章)が出ない場面が多々ありました。
来年はそのようなことのないようにしたいと深く思っています。

:::

なんだか、ちょっとしんみりしてしまったかもです。
すみません。。

来年に向けて進めていること、少しお伝えしますね。

・「北欧の和み-デンマークの扉をあけて」
を柱に、イベントやカフェ、ワークショップをします。
冬の章(1月末)と夏の章(6月)という感じで。

今年は看病のためにデンマークに行くことが叶いませんでした。
1996年以来、はじめて!
16年間毎年行っていたので、どこか故郷のような気さえしているデンマーク。
会えない時間が愛育てるのさ♪(ふるっ)というわけで、
デンマークラブが只今募っております。
そのエネルギーをヒナタノオトで発露しよう!と企んでいますよ。

・「工房からの風」は、10回の中で出来上がってきたものをベースにして、
よい所はそのまま育てて、そして、新しいことも始めます。
企画委員?(名称検討中)をお願いする作家さんと、近く第一回目の顔合わせを。
すでに仲良し?というのではなく、はじめまして的な方たちが、
どんな化学変化をもたらしてくれるでしょうか!

・あわせて、工房からの風の通信物もマガジン的なものを年3回発行します。
取材などで、いろいろお願い事、皆様にもさせていただきますよー。

・来年は、遠征?をしようと思っています。
まずは春に滋賀県の予定が!
茶話会やイベントなど、交流のできる機会を設けて、
新しい動きを育みたいな。

と、なんだか長くなってしまいましたね。
年末年始、また、いろいろ綴りたいと思います。
言葉にして、思いを整え、確かにしていく。
言葉は向き合い方次第で、豊かな道を拓いていくもの。
やっぱり、私はそう信じているのです。

PageTop

年末年始・休業のご案内

ただいま年末年始の休業とさせていただいております。

新年は11日(金)から開かせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

新年の予定、ワークショップ、イベント、カフェのご案内など、
あらためてこちらからさせていただきます!

PageTop

3日間

年内にひらくのも、あと3日となりました。

24日(月・祝)までは、窓辺カフェも開いています。


231212aaa


ティラミス

小澤基晴さんの黄色の器、とっても映えます。
色のスパイスもゴキゲンですが、厚さとかいろいろ、
使ってみると、お皿としての魅力に満ちているのが心地よく。


231212b


そして、クリスマスカラー(赤・白・緑)のケーキ。
こちらは金井啓さんのお皿。
洋菓子との相性もよくって、ヘビーユースです。

ヒナタノオト茶菓部ホンマフサイ謹製。
(画像は、試食用でしたので、ちょっと少なめ。。
盛り付けももっと素敵にしています。
ホンマユミコお皿がキャンバスですから!)

ぎりぎりですけれど、新作も届きました。


231212d


大桃沙織さんからは、名刺サイズのふたもの。
そして、ピンバッジとピアス。


231212f


大護慎太郎さんからは、文字盤のより見やすい時計も。


231212c


世良順さんのコトリブローチ。


231212e

名古路英介さんの蓮のような美しい木の匙。
新年からお使いいただいてはいかがでしょう。

urizun、下地康子さんからも好評の3重織りのストール、
紫系、黒系、白系が追加で到着です。

今日、あした、あさって(16時まで)。
日本橋小舟町ヒナタノオトでお待ちしています!

PageTop

クリスマス、カウントダウン

20日木曜日は定休日、
そして、21日金曜日から25日火曜日の16時までで
年内営業日が終了となります。

サンタクロースの中継地!には、
きたのまりこさんからの作品も新たに届きました。

22日(土)23日(日)24日(月・祝)は、クリスマスの窓辺カフェ。
特製ティラミスと、
ヒナタノオト茶菓部謹製クリスマスケーキ
(抹茶生地にクランベリー、白いんげん、レーズン入り)
の二種をご用意します。
もちろん、どちらも自家製。
作家さんの器にホンマユミコの楽しい盛り付けでサーブします。
お飲み物と合わせてぜひどうぞ。

そうそう。グリュック(デンマーク風ホットワイン)も、ご用意しますね。

ヒナタノオト出張所☆では、薄井ゆかりさんのバッグもご案内しています。
今井和世さんの絵のカレンダーと、国分佳代さんの書のカレンダーも。
ほか、クリスマスプレゼントにもご希望の作品がございましたら、
どうぞお問い合わせくださいませ。

和やかなクリスマスを迎えましょう!

191212a

PageTop

今週末のヒナタノオト

◎「クリスマスに工芸を灯して」開催中です。
  会期中も、日々作品が追加到着しています。

◎「初春の器」14日(金)から同時開催します。
  小澤基晴さんとたくまポタリーさんの陶磁器、
   名古路英介さんの木工作品です。

◎「n*cafe」さんのクッキーは、14日(金)到着します。

◎「もりのにわ」さんのパンは、16日(日)到着します。

◎「TE HANDEL」(ティーハンデル)さんの、クリスマス特別缶、
  四角缶や大きな筒缶が14日(金)に到着します。
  通常の缶も充実しています。

◎ 今井和世さんの花の絵のカレンダー
  国分佳代さんの書のカレンダー、好評発売中です。
 
◎ 在店くださる作家の方のお知らせです。
  15日(土) 泉健太郎さん(木工)
  16日(日) 小澤基晴さん(陶芸)・今野恵さん(フェルト)・
       名古路英介さん(木工)
  いずれも終日ではありませんので、よろしければお問い合わせくださいませ。
  他、今土日は、多くの作家の方がお立ち寄りくださる予定です。  

◎ 窓辺カフェはお休みです。
  (次回開催は、22日(土)23日(日)24日(月・祝)です)

ヒナタノオト史上(6年ではありますが!)店内最高の作品数となってもりもりです。
それでもひとつひとつの作品が、気持ちよくあるように。。。
そんな思いでスタッフ一同心をこめて展示をしました。
クリスマス、そして年迎えのひととき、ぜひお立ち寄りくださいませ。
お待ちいたしております。

191112a

PageTop