FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

土曜日から始まります。

只今、展示中。


291010g


七十六枚。
ほんとうは、一枚ずつ広げたい。
でも、そうしたら、歩けなーい。
でもでも、ご希望とあらば、致しますよー。
壮観。


291010h


291010d


古橋冶人さんのガラス瓶と木のふたもの。
こちらも、素敵です。
ひとつでも印象的。
幾つかを棚に並べても、いいなぁ。
キッチンにほしいです、とても。



291010f



匙関係も多種あります。



291010e



サボテン&木の鉢。
お部屋の友にいかがですか。

:::

台風、心配ですね。
みどりさんは、明日、福岡空港からフライト予定。
万一、フライトがなかったら、新幹線で行きますよーと、
意気込みいっぱいのみどりさん。
(でも、無理なさらずに。。。)
この猛暑にかけて、あんなに頑張ったんですもの、
ひとりでも多くに方と出会ってほしいです、みどりさん。。。


おふたりともに、在廊予定に変更はありませんが、
もし急きょ変更がありましたら、この場でもすぐにお知らせします。
また、お気軽にお電話でお問い合わせくださいませ。

03-5649-8048

お天気さま、どうぞお鎮まりくださいませ。。。

スポンサーサイト



PageTop

後藤紀子さんのウールの巻き物

後藤紀子さんのウールのストール。
あらためて、ご紹介。


291010b


梳毛(そもう)糸で織り上げたものを、かなり縮絨(しゅくじゅう)させています。
→ しなやか、軽やかながら、フェルトのような風合い。



291010a


後藤さんは、企業でテキスタイルデザイナーをしていた方なので、
まさに、どの糸でどうすれば、こうなる、というのを積み重ねてきたのでしょう。
色もよく見える方。



291010c


手織り作家で、梳毛糸を縮絨させる人は、あまりいないかもですねー。
と、おっしゃっていました。
けれど、この風合いがとってもいいので、冬にはぜひお薦めですと。
ふわっと軽くて、あったかい。

ぜひ、ぐるりと巻きにお出かけください。

PageTop

今週末から始まります!

金曜日夜まで、この記事がトップになります

:::
261010l



いよいよ始まります。
今週土曜日、30日から。

藤原みどり - 七十二枚の椅子敷き -
古橋 治人 - 木の蓋、木の匙、木の小家具

10/30(土)~11/7(日) 会期中無休
作者在廊日:10/30(土)・ 31(日)

すてきな展示になると思います!
ご来廊お待ちしています。

搬入展示のため、前日29日(金)
お休みをいただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

PageTop

パンチボウルのある部屋

光の本。
更新しました。

281010pp

《パンチボウルのある室内》
1904年
油彩/カンヴァス
78.5 x 57.5 cm
ベネディクト女王(デンマーク)

秋の日に、じっくりと読んでいただきたい文章が届きました。
ぜひ、どうぞ。

更新帖にも記しています。

光の本  → 

更新帖  → 

PageTop

25.5cmの靴

サボ骨折から早11日が経過しました。

お陰さまで順調に回復に向かっています。
ほとんど母宅で過ごしていますが、コルトンに今日で3回出向きました。
初めの二回は松葉づえ。
でも、だんだん歩行になれてきたので、今日は母の杖を借りました。
(使用していませんが、用意がいい人なので既に持っているのです)
そして、25,5㎝の大きな靴を購入。
これを履くと、かなり楽です。

明日はかれこれ3週間ぶりくらいに、ヒナタノオトへ。
みどりさん、治人さんの搬入です。
タノシミ~。

なんだかうれしくって、興奮気味。
遠足の前の日状態。
何と言っても、好きなものだらけの場所ですから。
(それはそうだよね・笑)

:::
以下、サボ骨折の記録
骨折に関心のある方(そんな人いるのか?)は、よろしければ・・・

続きを読む

PageTop

古橋治人さんの 木の蓋、木の匙、木の小家具

古橋さんからメッセージと、画像をいただきました!



281010ba


今回は新しく、無垢の木の植木鉢に、サボテンを植え込みました。
それと小さな植木鉢に合せた、ポットカバーを誂えてあります。



おくさまの真理子さんが、寄せ植えに夢中になっているとのこと。
治人さん、傍らでそれを見ながら、「コラボ」を想ったのでしょうか?

実際いろいろ植えこんでみて、木の鉢に直接植えこむと
すぐ乾いてしまうことがわかったのだということです。
けれど、木の鉢の風合いがとても素敵だったので、
サボテン用やポットのカバーとして、完成されたのでした。
ありそうで、なかったですね。
木の表情と植物の緑。



281010bb


それにガラス瓶に合せた木の蓋、木の匙、
そしてうつわを作りました。

外は冬が近づいてきましたが、
小さな緑たちを部屋に持ち込んでもらえたら嬉しいです。


先日のほぼ日「作品大賞」に、最終ノミネートされていた
シリーズ。
3000点あまりから96作品が残ったのだそうですね。

すっきりシンプル、クールなセンスが素敵な治人さん。
けれど、「作品」に強い主張をこめたりせずに、
さりげない暮らしの風景になじむ道具作りをされています。
まわりに優しく添うものづくりは、穏やかなお人柄そのもの。

ほかにも、ヒナタノオトで愛用している作品を置く台や、
小さな棚などもやってくる予定。

木の蓋、木の匙、木の小家具。
冬に向かって、部屋暮らしを楽しむ準備、始めませんか。

:::

続きを読む

PageTop