ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

室内

011109w


トップページの画像を変更しました。

デンマークで訪ねた室内の風景。
どこかハマスホイの絵を思い出させてくれました。

スポンサーサイト

PageTop

工房からの風の直前に、頼んでいたポストカードが刷り上ってきました。
2年前の11月、らふとの建物の裏の小庭で出会った風景。
ハッチと勝手に名付けて呼んでいる白ネコ。
桜落ち葉のふとんの上で、
夢の世界へ旅しているのを撮らせてもらいました。


281009o


工房からの風が終わって、トキニワカフェで大活躍をしてくださった
庭人Wさんに、このハガキを送りました。
ありがとう、としたためて。
そして、カフェの反省会をらふとで行った日、
Wさんが一枚のポストカードを持ってきてくれたのでした。


:::


そのポストカードの絵を描いたのは中川勝彦さん。
ミュージシャンで俳優としても活躍していたひと。
しょこたんのお父さん。
私と同い年のひとですけれど、
白血病で32歳の若さで亡くなられています。
Wさんは生前の勝彦さんと親交があって、絵画展に出向いたときに、
この絵と出会ったのだそうです。


281009n


「ぼくの夢」
というタイトルの絵。
治療入院していた先の近くにあった、
神社に住み着いていた白ネコを描いたものと。

展覧会ですでのこの絵は選ばれていたそうですが、
Wさんがこの絵がとても気に入ったと伝えると、
「僕もとても気に入っている絵だからポストカードにしたよ」
と、勝彦さんが、後日このカードを贈ってくれたのだそうです。
Wさんにとって、大切な大切な一枚のポストカード。


時が巡り、庭人さんとして、住まいにほど近い神社のある
庭の手入れをするようになったWさん。
ふたつのポストカードが心に奏でた想いは
どんなものだったのでしょうか。
静かにこのことを話してくれたWさんの瞳が
じんわり潤んで、とても美しく感じました。


勝彦さんの夢。
はっちの夢。
私たちひとりひとりの夢。

PageTop

北国からその2

281009b


レッドゴールド 陽光 新世界


盛岡から、舞良(もうりょう)雅子さんが抱えてもってきてくださいました。


281009d


ウールとシルクで織った布
部分的に隠し味のようにこんな変化を


281009c


おわかりになりますか?
ふちをピンクや紺、白で織り上げています。


281009e


全体の印象は軽やかで、実は暖か。
ぴりりと隠し味がうれしい舞良さんのセンス。


:::


来年2月にはガラスの加護園さんとの二人展をお願いしています。

今年、舞良さんと盛り上がってしまったのが、これ。


281009a


中里和人の小屋の肖像。
中里さんの小屋の写真の色合いが、
舞良さんの絹の鈍い輝きにとっても近い気がして、
この本をお貸ししたのです。


いつもはクールな舞良さん。
とっても感激されて、本も購入されたと。
宮古で育った舞良さんの原風景がそこに広がっていたそうです。


2月の展覧会では、「錆の輝き」のようなイメージで作品を。
金属が時を重ねて鈍く光る輝き。
それを春に向かっての爽やかな印象の布に、
はぎ合わせたように織り込んでみたり。
トタンやブリキのように。
隠し味のように。。


今日の「サクセンカイギ」で、イメージの確認をしあいました。
なんだか舞良さんの新しい扉が開かれていくようで、ワクワクです。
舞良さんブログなどをなさっていないのですが、
展覧会に向けて、こちらで進行報告していきますね!

続きを読む

PageTop

どこでもラグ

281009j


藤原みどりさんの椅子敷き。
ウネ。畝。
いいですね、この明快な文様とナチュラルカラー。
みどりさんの椅子敷きがやってくると、冬キタル、という感じです。
季語のよう。


:::


ラグもあります。

281009i

みどりさんのラグ。
私はインテリアの用品というよりも、
使う人の心を暖めてくれる働きをもったものだと感じます。

ひとりでほっと一息おいしいお茶を飲む時。

画集でも開いてふたりで腰を下ろすとき。


281009g


どこか固定で使うというよりも、
いつでもどこでもくるくるっと丸めて、抱えていけるラグ。
ふたたび広げれば、そこはとっておきの和みのスペース。
だから「どこでもラグ」。

「なんだかどらえもんみたい?」
とみどりさんに言われてしまいましたが、
私、どこでもラグって呼んでしまいます。

281009h

ほら、手元でなでなでしてみたら、ほんわかな気持ちになってきます。

80cm強から140cm弱。
この前後のサイズだと、くるくる、が容易ですね。
厚みも厚過ぎず、ふわふわ加減の厚みがちょうどよく。。。

洗うのもこのくらいまでならご自宅で。(水を含むと重くなりますから)
みどりさんのラグ、清潔感もあってうれしい。

:::

さて、どこでもラグですから、
丸めて抱える画像がほしいなぁと思ったところに
ウサ村さん登場!
さっそく、くるくる丸めて抱えてくれました。
ウサ村さん、スナオですから!!


281009r


で、でも、なんだかちょっと及び腰のじゅうたん泥棒!
に見えなくもないかも(ゴ、ゴメン)
(ギタリストという説も・・・)


281009q

PageTop

あれ?いくつだったけ??

n*cafeさんのクッキー、いろいろ届いています。

鴨川の夏蜜柑をお渡ししたときに、
なおさん、すべてママレードにして瓶詰めにされたそうです。
その、夏蜜柑を使ったさくほろクッキー。
espresso は、ご自分で手焙煎した珈琲を入れた香ばしいクッキー。
おからと胡桃は、なおさんとご縁のある埼玉屋さんのおからを入れた
甘さ控え目のもの。
ほかに、メープル、抹茶白ゴマ、ココアとくるみ、
かぼちゃクッキー、イチゴクッキーがやってきました。

舞良さんのマフラーは、定番のコンブなどの新色のほか、
なんとも爽やかな冬を想わせる、チェックの淡い色の新鮮な感じ。

藤原みどりさんのラグとスツール。
ゆっくり触れていただけますように。。 

今日はイナガキが終日に、ホンマユミコがチラホラ?と。
ヒナタノオト時間、ゆっくりお楽しみいただけましたら。。。

続きを読む

PageTop

不思議ちゃん

猫帖です。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。