FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

荒川尚也さんから

300409r

球形のフラワーベース。

300409l

こちらはアイスペールにも。

:::

ヒナタノオト入口にお花スペースを作りました。
今の季節、ガラスの花器がきれいです。
夕方、ひととき光が移ろって。。。
写真ごころ、刺激させられます。。

スポンサーサイト



PageTop

atatさんのピクニックバスケット

300409f

atatさんからはバスケットが。

手をくるんだ革。
クロスをちょっとのぞかせて。

300409m

持つと、こんな感じです。
カラー、いろいろ。
布の端にも、革がさりげなく。

PageTop

前田さんの木の小物

300409i

これも前田充さんのもの。
コーヒー豆の油分でツヤツヤになりますね。

銅は相原清子さんの打ち出しのもの。
ミルはホンマユミコがカフェ・ド・ランブルで20年以上も前に購入したもの。


300409h

宮崎桃子さんのコーヒーフィルター入れとともに。
ナチュラルカラーが似合います。

:::

300409g

ジャムスプーンの、ホリホリが、とても使いやすいですよ。
小さなものにも、濃やかな思いを、手を通して伝えたもの。

PageTop

前田充さんから

300409s

ki-to-teと、工房に名付けた前田さん。

300409t

座面にノミ跡のある角脚のスツール

3004097

組み手を見せた丸脚のものも。

どちらが好みですか?
ヒナタノオトスタッフでは、角脚が人気でしたよ。

さりげなくて、その分、ずっとそばにいて欲しいもの。
使いながら、使う人の味がどんどん深まるもの。
前田さんの木のものからは、そんな印象を抱きます。

そういえば、富ヶ谷のルヴァンさんのスツールを修理をされたことを
ブログに書かれていらっしゃいました。
すてきなエントリーでしたので、ぜひに。 → ☆

PageTop

富沢恭子さんから

300409q

柿渋染めのバッグ。
Pのタグ、わかりますか?
恭子さん、なんとも楽しんで作ってくださいました。

300409o

肩からガツンと。
でも、かる~いですよ。

300409n

ピクニックもいいし、
旅へも。。
(ああ、心は北欧・・・)

300409p

ワインを持っていきましょう、草原に。
中のポッケには、オープナーもお忘れなく。

:::

デザイン、作り。
富沢さんしか作れない、なんともオリジナリティーに満ちています。
どれもこれも富沢さんが持ったらとっても似合うなぁ。
でも、富沢さんじゃない人!が持っても、かわいくって、軽やかで、
どこかガテンな感じが、キュートに映りますよ、きっと。

PageTop

タタメルテーブル

3004091

kino workshopさんから。

300409y

300409x

300409u


店頭で「実演」しますと、みなさん、カンシンしてくださいます。
完成形があまりにすっきりしているので、まさか、こんな工夫があるとは。
と、驚かれて。

女性でも軽やかに持ち運びしやすいように。

ピクニック用にもちろん活躍しますけれど、
お部屋のいつも使う家具としても、充分な使い心地です。

続きを読む

PageTop