ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

よいお年を

2008年もいよいよ大みそかとなりました。

らふとでは、年末の庭仕事も終えて、すがすがしく新年を迎えるばかり。

ヒナタノオトは昨日ホンマとウサ村さんとで年内に残った仕事を整えたり、
来年に向かっての予定を話し合ったり。
そして、、、7日からの企画展のご案内状のあて名書きと切手貼り。
1500枚心をこめて手書きしようと意気込んでしまった!私。
まだ200枚に達しておらず。。
すみません、きっとぎりぎりです。。。
でも、こうしておひとりおひとりから頂いたお名前とご住所を見ながら、
たった2年でこんなにたくさんの方たちと出会えたのだなぁと、
腕のしびれのほどに(笑)実感を深めています。
でも、出会えただけで、終わってしまうかもしれませんね。
来年はもっとヒナタノオトで何かを見つけてもらえますように。。。
そんなこんなを思いながら、万年筆を滑らせています。

:::

2008年。
さまざまな思い出がかけめぐりますが、
私にとっては、「北欧の和み・デンマークの扉をあけて」の出版と、
ハマスホイ展があった年として印象に残る年となりました。

美術館展巡りの情報をいただくのに、よく寄らせていただいていたブログ、
弐代目・青い日記帳さんで、年間の展覧会ベスト10をあげていらっしゃいました。
わぁ~。ヴィルヘルム・ハンマースホイ展、1位でした!

あんまりびっくりしてうれしかったので、トラバさせていただきました。
(久しくしていなかったので、やり方忘れていました・・)
Takさんにお許しもいただきましたので、こちらでもご紹介させていただきますね。
(ほんとうに見事に展覧会に出かけていらっしゃるのです。&記事も丁寧ですてきです)

絵画、美術の好みはひとそれぞれですし、だから楽しいのですが、
共感できたときは、喜びもひとしおですね。

:::

さあ、これから水仙の郷、鴨川へ移動。
2日には、らふと、おりひめ神社で歳旦祭です。
(お近くの方、11時からです。わたしたち甘酒のふるまいもしております。
内輪な感じの行事ですが、よろしかったらお寄りください)
新年早々、2009年のヒナタノオトの展覧会企画をエントリーしたいと思います。

今年もほんとうにありがとうございました。
皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

スポンサーサイト

PageTop

姿をだして

2008年のヒナタノオトの営業は終了いたしました。
今日もお出かけくださった皆様、ありがとうございます!
そして、遠くからこのブログをご覧いただいている皆様、感謝!です。

昨日、ココロがぐわんとノックされてしまった贈り物をいただきました。

ちょっと何ですけれど、(何でなん??かは、まもなくわかりますよ~)
よろしければ、続きをご覧くださいませ。。。

続きを読む

PageTop

小座布団

261208a

伊澤明子さんより、小座布団が届きました。
すべて草木染めの糸で、手織りの綿布。
こっくり茶系、うっすら茶系、赤ヒナタ色系の3種のチェック柄。
(それぞれ3点ずつ。撮影上椅子に載せましたが、床(たたみ)用ですね。
もちろん、お好きにお使いいただけましたら・・)

261208c

261208b
(ちょっと画像青いです。もっと茶な感じです。)

伊澤さん、布団用の綿入れを実習したことがあるそうで、
この座布団の綿入れも自らの手で。

糸染め、手織り、綿入れ。
すべてひとりの手でかたちづくった座布団。
とてもさわやかな表情に仕上がっています。
新年に向けて、住まいの空気をすがすがしくしてくれる佇まい。

261208d

:::

261208g


三谷さんからは時計のほか、木の匙、フォーク、など4種届いています。
↑はフォーク。

261208f

ベビースプーン

261208h

紅茶匙

261208e

アイスクリーム匙

各10ずつですので、出会っていただけましたら。。
(すでに少し減っておりますが。。)

「クリスマスに工芸を灯して」
おかげさまでたくさんの方にお越しいただきました。
ありがとうございます。
誰かに、そして、自分に。
過ごす時間を幸せにしてくれるもの。
そんな何かを探しにお出かけくださったみなさま。
心から感謝いたします。
そんなあたたかな想いに応えられるもの。
これからもヒナタノオトに灯していきたいです。
(と、まじめに(な)ホンマユミコと語らうのでした。)

続きを読む

PageTop

鴨川にて

241208i

三谷龍二さんから、木の時計、小が届きました。
8点ありますので、木の感じなどお選びいただけるかと思います。

画像は我が家で10年以上使っているもの。

ほかにも、ティーハンデルさんの完売となっていた紅茶も追加。
加藤仁志さんの白磁カップ(お正月にもお薦め)なども、、、と連絡が入りました。

241208e

私は月曜夜より鴨川。
水仙が咲き出しています。
(ちなみに、千葉県の鴨川市です。京都ではありません。。)

241208f

ちょっと遅いのです、これでも今年は。

241208a

で、でも梅、は早いです。
例年よりも。。
いつも元日に咲くのですが。。。

241208b

三つ葉も生えてきました。
今晩の鍋に入れましょう。

241208h

家の入り口から東側。
山の向こうはすぐ海。

以下は、ネコ帖なので、興味のない方はスルーを。

:::

続きを読む

PageTop

21日のヒナタノオト

211208g

藤原みどりさんからは、縦糸も羊毛のルームマットが届きました。
トルコ産のラグ用糸。
なじみもよく、しなやかでありながら、耐久性もあるラグ。
(フリンジ、風合いも姿もここちよく。。。)

ストーブのほとりにおいて、ぽかぽかと暖まりながらお茶を飲んだり、
本を読んでみては、、とはみどりさんからのメッセージ。

211208h

atatさんのルームシューズを置いてみました。
ぬくもりのシーン。
&サイズの感覚おわかりいただけますかしら。。
一点のみです。
ぜひこの風合いを撫でに、お出かけくださいませ。。

:::

211208c

世良順さんの木のかたちのペンダント。
銅、真鍮、、。ちいさな金属の表情が静かに歌っているように。。

:::

211208e

じゃ~ん。
宮崎桃子さんのエッグスタンドやマットを使って、鏡餅を!
金柑を載せるといいですね、きっと。
これは、小ぶりのカラスウリ。

211208d

井上枝利奈さんの「タネ」も載せてみました。
新年に幸せのタネ。
いいでしょ。。

:::

211208aa

お正月を機に、毎日使いたい漆のお椀。

211208abb

こちらは、少し平たい感じ。
お雑煮にいいかな。

211208aac

ちょっとこぶりで、ちょっと遊び心の文様も。
作者はすべて、窪田直弘さん。

211208b

高橋朝子さんからも、追加のウシさんがやってきました。
動作もさまざま。
4点です。

:::

211208f

hyggelige(ヒュッゲリ)。
チクチク兼モデルは、丸山真以です。
まいちゃん、年内は27日(土)に今年最後の納品分を持って、
ヒナタのスタッフお仕事にやってきます。

:::

ヒナタノオトは23日(火)は定休日。
クリスマス展は、24日まで行っています。
(ご案内状では22(月)までとしていますが)

年内は28日(日)が最終日。
年明けは7日(水)から始まります。
よろしくおねがいいたします!

PageTop

小旅行

ヒナタノオトから徒歩5分。
半蔵門線、水天宮前駅から三軒茶屋へは直通25分。
ここで、2両のなんともカワイイ世田谷線という電車(バスみたい!)
に乗って9分の上町(かみまち)で下車。

プリズム
思ったより近くって、でもなんだか小旅行みたいなトキメキがあって。

201208a

ここでは、私の大好きな「タネ」シリーズをガラスで作る井上枝利奈さんが
トキドキ週末ギャラリーをやっています。
今日は、今年工房からの風に出てくださった、山崎美和さんの陶展を。
果実のようなまろやかな曲線と、ないまざった色合いも美しい、
ちいさな花の器を選んできました。

201208b

昔の寮だった昭和の家を改装して作られた空間。
↑こんなところ(も、ももいろですよ!)に反応してしまうワタシです。

:::

そのあとは、再び世田谷線に乗って二駅「山下」へ。
山下=小田急線の豪徳寺。
豪徳寺から一駅で梅が丘へ。

クリスマス前になんとしても、ことり文庫さんへ行きたかったのでした。

ほんとうはこうめさんにいろいろレクチャーというか、
本選びをお願いしたかたったのですが、
(なんだか絵本の生き字引さんのようで、信頼しているのです)
たくさんのお客様で幸せな賑わいでしたので、今日は自分で選ぼうと。

赤好きなワタシが選んだのは、

211208a

フィリッパ・ラズベリーのうた (エヴァ・ビロウ)

スウェーデンの絵本。
絵も書体もいい感じです。
トムテ、なんて文字をみたら、北欧心がうずきます。。

文章も多めでしたから、クリスマスにゆっくりと読みましょう。

201208c

アンナの赤いオーバー (ハリエット・ジィーフェルト)

こちらは、ストーリーは「知って」はいるのですが、
手元で本を開いて味わいながら読んでみようと。。

クリスマスの楽しみ、いただいてきました。

「こんな絵本、、、あるかしら??」
そんなときは、ことり文庫さんに行きたくなります。
近いけれど、小旅行。
またまた、近いうちに。。。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。