FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

西洋美術館へ

290908a

いよいよ明日から、ハンマースホイ展が始まります。

今日は、レセプションのため、上野の国立西洋美術館へ。
あいにくの雨。
準備していた着物はキャンセルにしましたけれど、
うきうき、そしてちょっとどきどきしながら、仕事の合間に向かいました。
(会期中、一度は着物で行こうと思っています。
なかなか着物を着る機会を作れないので、秋・絵画展・着物!のセットは、
毎年なるべく実行したいのです)

開会式はエライ方々のごあいさつ。
それが終わると内覧会。
ゆっくり、じっくり絵を鑑賞できました。

ほんとうによくもここまで集まったと思いました。
素晴らしい展覧会。
デンマークの知人も「こんなに揃うことはデンマークでもないわよ」と。
そしてその構成、配列もよく練られていて見応え十分でした。

ほんの少し前まで、ハンマースホイって誰?
という感じでしたけれど、きっと加速度的に多くの人が魅かれていくのでは、、。
駅や電車のポスターに魅せられた方も多いようですね。
ぜひ、会期の初めに行かれたほうがいいと思います。。
後半はきっと混雑しますね。
ゆったり、絵の世界に触れてほしいです。。
(この夏に開催されたロンドンでは、混雑がすごかったとか。
図録も完売だったそうです。)

ハマスホイの人物画、風景画、室内の絵。
どれに魅かれるかは人それぞれ。
私はやっぱり室内に惹かれます。
この絵を見ていると、デンマークでの時間が蘇って、
すぐにでも飛行機に乗りたくなってしまって困ります。。
言葉ではどうにも置き換えることのできない感覚、
デンマークの家々で感じたそのものを、この絵から感じてしまうから。

ホームページもいいですよ。。
北欧の和み」に、健司さんとの出会いを綴っています
「住む」では、絵の解説をしてもらいました)

講演会 9月30日(火)14:00~15:30
アネ=ビアギデ・フォンスマーク
(コペンハーゲン、オードロプゴー美術館長)
「カール・ドライヤーの映画におけるハンマースホイの影響」

ほかにも、11・7と11・22の金曜日に、スライドトークを、18:00から約40分
行うそうです。
こちらもぜひに。

そうそう、今展にちなんだミュージアムグッズも充実!でした。
今日は雨だったので控えましたが、次回は手ぶらで帰れません。。
そして・・・「北欧の和み」も平積みで置いてくださっていました。
ありがとうございます!!(皆様どうぞよろしくお願いします!!)

明後日からは、ヒナタノオトで千春さんの個展「白のニュアンス」が始まります。
そして工房からの風も、すぐそこに。。。
2008の秋は、うれしいテンコモリです。

:::::::::::

続きを読む

スポンサーサイト



PageTop

土曜日追記

お待たせしました!
針の森さんからこぎんの刺しの新作も到着します。

十日夜(とうかんや)と名づけたけれど、通称メンタームポーチでおなじみ?のものや、
やティーコゼー。

画像差し替えました。
これらが届いています。
ああ、なんとも精緻な文様。。
なのに、窮屈な感じがしないところが、針の森さんのこぎんの真骨頂でしょうか。
(そして、マグネットボタンのところに当てた皮もいい感じなのです。
作品部分とパーツ部分がきちんと響き合っている、ここ大事、ですね。)

260908a

ティーコゼーは、かたちをリクエストしたのですね、デンマークで出会ったものを。
上からかぶせるのではなくて、横から入れて、包む感じ。
これだとマットがいらないのです。
現在、ヒナタノオトでも、針の森さんの第一作目を愛用中。
リクエストをよくいただくのですが、チクチクこぎんの分量も多くて、
なかなかの力作になってしまいます。
やっと完成しましたけれど、針の森さんいわく、もうきっと作らないかも~と。

260908b


チクチクチクの土曜日。。

ちなみにヒナタノオトでは、
土曜日、ホンマ、マルヤママイ。
イナガキは12時から16時くらいまで。(らふとへ行きます)

日曜日は、カノウアヤコ。
イナガキは土曜日と同じく12時から16時くらいまで、の予定です。
(ホンマは終日らふと)

秋の日、いずれかでお会いできますことを。。。

PageTop

土曜日

250908b

ヒナタノオトオリジナル、hyggeligeの秋ヴァージョンを土曜日からお出しします。
(といっても、まずは10点が精一杯な感じですが)
ランパ(ペチパンツ)、夏に制作したフレアーの秋布版、

250908c

それから、ジャンパースカート。
(画像、まんなかに畳みしわがありますね、ごめんなさい)
下にスカートやランパなどを穿いても、そのままでも。


オレンジやグリーン系のチェックも。
素材はウール。

デザイナー兼、縫製兼、モデルのまいちゃん(丸山真以)も、
土曜日は終日ヒナタノオトに。
これから制作するもののお話などもぜひに。

:::

撮ってて、あんまりかわいかったので、もう一枚。

250908a

:::::

そして、ハマスホイの絵にこのような作品も。

続きを読む

PageTop

工房からの風

工房からの風
10月18日・19日。
もう一ヶ月もないのですね。。。

そちらのブログ、director's voiceも、
これからは頻繁に更新していきますので、ぜひご覧くださいね。

250908n

ちなみに、水曜日は、こんなこと、していました。。。

PageTop

ハンマースホイが描く「静謐」に出会う旅

200908a

「住む。」が届きました。

5月に渡ったデンマークでの取材頁。
「画家ハンマースホイが描く「静謐」に出会う旅」15頁。
うち、3年前にコペンで出会ったハンマースホイ研究者の健司さんの絵の解説が4頁あります。
ハンマースホイの絵って、どういうもの?
そんな関心をお持ちの方は、ハンマースホイ展を見る前に、ぜひお読みになることをお薦めします!
ヒナタノオトでも取り扱っています。

光に恵まれた5月のデンマーク。
ああ、また行きたいなぁ。
旅は一期一会。
あの日、あの時に過ごしたデンマークの時間。
取材だけれども、やっぱり、旅、でした。
予想を超えた出会いを重ねられて。。。
「静謐に出会う旅」。
頁をくくりながら、一緒に歩いてみませんか。

続きを読む

PageTop

投函つづく・・・

封書が届きました!
とメールをくださいました方々。。
ありがとうございます!!

これからまだお送りする分も。。。
今しばらくお待ちくださいませ。

(あ、早い、遅いに意味はありません。。
同時にできなくて、すみません。。)

:::

今日は台風一過の青空のもと、
誠実印!の作り手3人と、たくさんのお客様とでらふと。
さわやかな風の渡る室内で、ゆっくりお過ごしいただけたでしょうか。
わたしもうれしい時間をいただきました。

それぞれに工房にこもって、制作に集中されていた3人の作り手。
展示された作品とお客様の様子を受けて、晴れやかにすてきな笑顔を。
これに出会えたとき、ああ、この仕事をさせてもらってよかったなぁ、
としみじみ思います。
この時間が、またよいものづくりへの糧になるのでしょうね。
そうして生まれた作品を、またご紹介していきたい、です。

:::

佐賀からいらした藤原みどりさん。
明日、11時かららふとへ。
その後ヒナタノオトに寄ってから、佐賀に帰られるとのことです。
イナガキは開店から15時までヒナタ、それから、らふとに向かいます。

PageTop