ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

宮本さんが選んだ5冊から

ぼろの美 額田晃(清文社)
「思わぬ布がいきなり隣や上にやってくると、
この布は迷惑だったろう、とりあえず仲良くしよう、
糸のせいだとぼやきつつ」 本文より

前に飛騨高山の骨董屋さんで、藍染の古い布を刺し子で上部にした未使用のぞうきんを五百円で買いました。
よく見せようと思っていない針目の自由さは、今も私の心を楽しませてくれます。
東大阪在住の画家である額田さんが、そんなとらわれのない布を集めて作られたいい本です。


:::::::


からくりからくさ 梨木香歩(新潮社)
「草や木や虫や蝶のレベルから、人と人、国と国のレベルまで、
それから意識の深いところも、浅いところも。
連続している唐草のように。一枚の織物のように。」 本文より

4人の女性が染めや織り、布に関係しながら、
りかさんという人形と暮らすところから始まります。
いつも梨木さんの本を読むと、なぜかケルトの模様が浮かぶのです。
なので、アイルランドに行ったことのある友人に、「唐草の布ない?」と聞くと、
なぜか唐草っぽくてきれいからという理由で下鴨神社の手ぬぐいをもらい、
なんとなく、それもパッチワークに入れています。


::::::::


森の暮らし、たいまぐら便り 安部千穂 ( アノニマ・スタジオ)
「日々の暮らしの中から宝物を見つける楽しさと、
たとえその輝きが自分にしか見えないものであっても、
それを大事にしつづけることの大切さを改めて教えてもらいました。」

智穂さんは岩手のタイマグラという場所で、野の草の染をされています。
お話していると、智穂さんの明るい笑顔や声を通して、
山の自然がもつ力をそのまま受け取っている気持ちになります。
そしてその訳がこの本の絵本のような文章の中にぎっしりと詰まっています。
今回は特別にタイマグラのおばあちゃんが紡いだ麻に、
智穂さんが藍染をしてくださった布を使わせていただきました。
 注目です!

:::::::


草の輝き 佐伯一麦 (集英社)
「と、お茶を飲みながら師匠が言った。
そしてこれは私の口癖、と前置きしてから、
『草木染めの色は退色するのではありません。
色は移ろうものです』とゆっくり諭した。」 本文より

会社を辞めて東北で草木染の修行を始める女性のお話。
草木のこと、日常のことが、たんたんと書かれています。
私も密かに心で「布の師匠」がふたりいます。
布にまつわる話とともに、いつも大事なものを受け取る気がします。
ガマ口に使用した布は、その師匠がずい分前に購入したもので、
棉や絹で織られていて、誰がどんな気持ちで織ったのか想像しあったのを、覚えています。


::::::::::


アイヌの衣裳 岡村吉右衛門 京都書院美術双書
「刺繍には文字では伝わらない心の世界が広がっているんだよ」
どこかで読んだアイヌの人の言葉

初めて民芸館でアイヌの衣裳を見たとき、
しばらく立ち尽くして心の中が波うつような気持ちになりました。
紋様が好きだからとか、形が美しいからとかではなく
根源的な力のかたまりのようなものに打たれたのかなとも思います。
日本の染織シリーズの中で一番好きな本です。

スポンサーサイト

PageTop

宮本佳緒里展

290808a

宮本佳緒里 展 「布に関するものがたり」
2008/9/4/(木)~15(月・祝)
作者在廊日:4(木)・6(土)

育つ、紡ぐ、染める、織るから始まって、
私の手元に届くまでに一枚の布には様々な物語があるのだと思います。
国や時代や素材のちがう小さな布を一枚につなぐとき、
それらの布が複雑にからまって、少しだけ深くなるような気がして
なんとなく嬉しくなります。
宮本佳緒里

:::

ご案内状、届きましたでしょうか?
さっそく、お問い合わせをいただいております。
展覧会ですので、お取り置きはさせていただけないのですが、
宮本さん、ちくちくちくちく・・・・たっぷり出品くださいますと。。
なんでも200個以上はやってくるもよう。。
なので、ご安心?くださいね。
きっと、誰かにどれか、ぴったりのものがあるかと。。。
どうぞお楽しみにお出かけくださいませ。

:::

ガマ口、としての楽しさ満点の展覧会ではありますが、
実は、宮本さんにヒナタノオトで展覧会をしてもらいたかったのは、
宮本さんが、ガマ口作りをする背景、根っこにとても興味があったから、です。
染織、布好きな方の雰囲気とは、どこか違う匂いのするひと。。。
その理由が、「タビビト」なのでは??と感じたことも、
しっかりその作品、そして作るひとと関わってみたい、と思わせてくれたのでした。

「タビビト」の宮本さんは、そして、「コトバ、ブンショウ」も心に持つ人なのだと、
これまた、気づいてしまってからは、ぜひ、「ガマ口×コトバ」展にしたい、
と思ったのでした。

:::

宮本さん、この展覧会のために、5冊の本を選んでくれました。

1・ぼろの美 額田晃(清文社)

2・からくりからくさ 梨木香歩(新潮社)

3・森の暮らし、たいまぐら便り 安部千穂 ( アノニマ・スタジオ)

4・草の輝き 佐伯一麦 (集英社)

5・アイヌの衣裳 岡村吉右衛門 京都書院美術双書

5冊の本をどうして選んだのか、は、このblogで、近くご紹介します。

そして、5冊の本にインスパイアされた作品と、綴った文章は、
ヒナタノオトで展示しますね。



PageTop

白のニュアンス

260808a

お休みの日だけれど、お休みではない日。

ご来店くださいました皆様、ありがとうございます!
おかげさまで、いつもとは違った楽しさのある日となりました。

展覧会の予感!?展。
思ってもみなかった効果がたくさんありました。

楽しみを広げてくださったお客様。
そして、作者の千春さんも、幸せな気持ちで帰途につかれたこと。。
きっと、さいごの制作に豊かな気持ちがいっぱいこめられていきますね。
うれしいご期待をたくさん、いただきました。

白。
今、なんとなく白い器が人気ですけれど、
白といっても、なんて広い色の世界でしょう。。
焼き物ならではの白。
それを求めて、磁器で3色。
陶器では初めての白を焼き上げた千春さん。

きらっと輝く白。
少し黄味がかった白。
青っぽい白。

かたちの違いとともに、色味でも受け止める花の色合いが違うのですね。
専属花びとホンマユミコが、お客様を前に、いろいろデモンストレーション!いたしました。
これも、なんとも楽しかったです。
(展覧会当日もいたしますね)

ともあれ、
花を挿して和やかに、
器そのままでも美しく。

ポットや急須のまあるくふくらむ姿から、
日々の空間に映える花のうつわとなって。。

10月2日からの展覧会が、いっそう楽しみになりました。
どうぞご期待ください。。

+++

お問い合わせの多い、ポットや急須も全色、たっぷりご出品いただく予定です。
おたのしみに~。。

PageTop

ナツヤスミ一日特別企画(追記あり)

190808a

ナツヤスミ一日特別企画
萩原千春展にさきがけて

8/26(火) 11:00~17:00 (時間がいつもと違います)
今度の火曜日(いつもはお休みの火曜日です)

10月に開催する千春さんの個展。
只今、千春さん制作進行中です。
途中経過をご覧いただこうと、生まれたての新作をひとあし先にご覧いただく、
一日だけの企画です。
この日の皆さまとのお話から、最後の制作に向けて、きっと、新鮮な風がそよぎことと。。

新しい釉薬、新しいフォルム、新しい予感・・・。
萩原千春×ヒナタノオト
ならではのオトナのナツヤスミになるかしら。
冷たいお飲み物をご用意して、お待ちいたしております。
(私は、花の器が、お薦め!です)

・・・作者在廊いたします。尚、販売もいたしております。・・・

26日朝追記

白のニュアンス。

白でもいろいろな花の器が届きました。
フォルムもうつくしく。。

小さなお煎茶用の急須や、お醤油さし。
新しい釉薬のカップもあります。

10月の展覧会が本番!
その前に、ご意見、ご希望を伺えれば、、という会ですので、
作品点数は多くはありませんが、こんなナツヤスミのひとときも、
いいかしら、、と思って企画しました。
千春さんも終日在廊しますので、どうそお出かけください。

千春さんの新作コーナーは奥の間で。
手前の空間では、「オトナのナツヤスミ」作品展を行っていますので、
こちらもぜひ。
ナチュラルカラー、ふわふわフェルトの宮崎桃子さんからも、
心がまあるくなるような作品が届いています。

8月もあと、もう少しですね。
ホンマ手製の初秋菓とともに、お待ちいたしております。

PageTop

きょうのヒナタノオト

「オトナのナツヤスミ」もあと2週間となりました。

昨日は

・ n*cafeさんからクッキーが届きました。
  今回のニューフェースは ”麻の実”を使ったクッキーです。
  好評の”ルバーブ”や”バジル” ”粟イチゴ”など9種類の味をお楽しみください。

・ 広沢葉子さんからは美しい色の”タンブラー”や”白い花器”が届きました。
  
・ 相原清子さんがお持ちくださった銅の”ベル” ”プレート” ”デザートボウル”、四角い”花入れ”、
  真鍮の”茶さじ”
  080822-a-1-1.jpg
  四角い花入れは、掛け花入れにもなります。
  080822-a-2-2.jpg

   
そして、今日は

・ 高橋朝子さんから、”ペントレー”食用クルミ油仕上げなので、クッキーなどのせてもOKです。
  ”カード立て”ナツヤスミの思い出を飾っては、と高橋さんからの一言です。
  080822-t-1-1.jpg
  ”小箱”は切手やアクセサリー入れにどうでしょうか。
  080822-t-2-2.jpg

・ 針の森さんからは、追加の”こぎん刺しブレッドクロス”が届きました。

今週もにぎやかなヒナタノオトです。

(ホンマより)
  

PageTop

泣く

朝から泣きました。

ハリーポッター?

ちなみに私は7巻目に一票です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。