FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

自分のカード

いちがつ。
早くも、晦日。
まもなく、立春も迎えますね。

まっさらな気持ちで迎えたはずの元旦。
なのに、すでに曇らせてしまったことありませんか。
わたしにはなさけなくも、いくつかの滞らせてしまっていることが。
ようやく月末にかけて、少しずつ進んできて、
光が射しこんできたように。。。
時の巡りの不思議。
成熟しているのか、腐敗していくのか。
紙一重だけれど、たしかに、それは違うこと。

:::

そんな中のひとつ。
なかなか進まなかった原稿。
思い切って編集者さんへお渡ししたことで、
自分のものを醒めてみえるようになった。

何を書いているのだろう。
何を書きたいのだろう。

:::

庄野潤三の初期の作品を読む。
「静物」など。
人を書くのが、小説なのだろうけれど、
そのまわりのもの、
それは描写と言ってすませたくない、ものの姿。
それをを生き生きと書けたならば、
人のことを書く小説も生き生きとしたものになるのだろう。

:::

ストーリー、できごと、意味、としての本を読みたいというよりも、
自分にとって心地の良い文体の海の中で漂いたい、
と無性に思うときがある。

用途としての器だけなら、なんでもよいのだけれど、
手触りや風合いといった、あいまいなごく個人の好みの器を求めるように。

:::

そして、やはり、須賀敦子さんの本を開いてしまう。
もう何度も読んでいるのだから、ストーリーを読みたいわけではないのに。
文字という織物の感触を味わいたいのだろうか。

:::

デンマークのことを書きながら、ガイドブックを書いているのでもなく、
小説を書いているのでもなく、では、何を書きたいのだろう、と迷路に入ることがある。
16回渡った中でデンマークで体験した、家や暮らし、そこで紡がれるhygge
という感覚につながったことを書いているのだけれど、
伝えようとする気持ちがまさると、説明になってしまってつまらない。

:::

suv

「ヴェネツィアの宿」
の中の一編、「カラが咲く庭」。

・・・ヨーロッパにいることで、きっとあなたのなかの日本は育ち続けると思う。
あなたが自分のカードをごまかしさえしなければ・・・


日本を離れて、進まない勉学や、触れていない日本語への
じりじりとした気持ちを抱く筆者に、寄宿先の修道女マリ・ノエルが語った言葉。
さまざまなことで行き詰ると、このフレーズがふと浮かぶ。

今書いている原稿も、きっとそうだ。
北欧、デンマーク、というステレオタイプに寄って書いてしまうことは、
わたしのカードをごまかすことだ。
北欧ブームの流れに乗って書きたいのではないのだから。

では、自分のカード、ってなんだろう。
自分のことが一番わからない。
けれど、わからないから、光に向って掘り進む。
トンネルを掘るようだなぁ、原稿も。。。

:::

自分のカード。
ヒナタノオトで紹介したいものつくるひとたちは、
そのカードを探し、育み、生かしているひとたちなんだね。
つい、サービス精神が出て、余計なことまでしてしまうわたしだけれど、
そんなひとたちとのかかわりの中でも、
自分のカードをごまかさないことを学んでいる。きっと。

スポンサーサイト



PageTop

響きあう本

27010812


すえもりブックスの本をご紹介します。

このご縁は、「ゴールディーのお人形」から。
10/23のエントリーに詳しく・・・

今回届きましたのは、
gr

ほか、M・B・ゴフスタインの、お
「ばあちゃんのはこぶね」

ob


「ピアノ調律師」

pc


ターシャ・チューダーの「すばらしい季節」

tc


ヒナタノオトでご紹介している作品と響きあう本。
これからも、増やしていきたいと思います。

PageTop

什器が加わって・・・

270108b


念願の什器が加わりました。
棚を3つ。

奥行きは薄い棚なのですが、これで、ずいぶんたっぷり、
けれど、ゆとりを持って作品をご覧いただけるような気がします。
(昨晩と今朝、かなり展示を替えました!
・・・棚の作者は夫N氏。ありがたや。。。)

270108d


熊本さんからは初日のあと、追作をいただきました。
計量カップや泡立てきが描かれている小皿なんて!
なんだか、くすっとしてしまいますね。

27010810


そして、どこか北欧の器の絵のような雰囲気もある
木立と鳥の絵の器も。
イメージの世界が清潔感のある器に繰り広げられて。。
角皿に小皿を載せて使うのもすてきですね。

あ、なんだか懐かしいような気持ちがした熊本さんの木立のシリーズ。
南桂子さんの絵にもどこか通じるような。。。

keikominami


(水天宮前にある、ミュゼ浜口陽三コレクションにも、ぜひお出かけになってみては。
夫人の南桂子さんの絵もあります。
水天宮前駅から3分くらい。ヒナタノオトからは10分くらいでしょうか。)


2701088


加藤仁志さんの白い器。
粉引きが特に人気です。
シンプルだけれども、お料理映えのする器。
ヒナタノオトで定番でご紹介していきたいと思っています。
まずは使っていただいて、足してお求めいただけるようにしていきたいと思っています。

270108e


朋子さん。
今日、展示を見にお出かけくださいました。
来年には個展をお願いしていますけれど、
とっておきの個展ですから、この機会ならではのことを楽しくやりましょう!と。
アイデア。
ちょこっと、、ありますけれど、もし、ファンの方からもリクエストがありましたら、
ぜひ、お聞かせくださいね。

つづく・・・

PageTop

始まりました

5人の作家の作品が加わって、10人のいろいろ。

zen240108


↑伊澤明子さんの桜染めの布。

常設にも、藤原みどりさんの椅子敷き、atatさんのコースターや鍋つかみなどなど。

n*cafeさんからも、イチゴ感たっぷりのすこやかクッキー、豆豆、レモンのさくほろ etc…

240108kum1


熊本充子さんのゆのみは、すでにあと2客になってしまいました。。
今日、追加の丸皿到着予定です。
それにしても、この描かれたモチーフの妙味。


250108omi1


240108omi4


小美濃さんの箱。
上は書類引き出し。
下は収納スツール。
これは、もっと詳しくご案内したいです。。
念願かなって到着したのですもの。。

国府田さんのすぐれものトートバッグは、画像がうまく撮れずに今日はごめんなさい。
展示中、スタッフ疑似争奪戦が繰り広げられました。
(わたしたちは展示終了後に選ばせてもらいますので。。)
数か月のやりとりがこうして、形になって。。
作家と近い気持ちでドキドキしています。

240108tom2


朋子さんの作品は、とっても奥行豊かになった気がします。いっそう。。
イメージと造形力と焼くことによって得られる美しさ。
朋子さんワールドをぜひ、ヒナタノオトでご堪能ください。

さくっとレポートで、失礼します!

PageTop

こぎん刺し教室

募集終了いたしました。
たくさんのご応募をありがとうございます。
(現在、キャンセル待ちも行っておりません。)
(1/27日追記)



ヒナタノオト 手仕事教室 を開講いたします。

第一回は、「こぎんを刺す」

講師 狩野綾子(針の森)

2月6日(水)13時半から15時半くらいまで

参加費 3800円

定員 8名様

内容 ご用意した18×20cmの布に2~3種類のこぎんを刺します。
ティーマットやポーチ、ソーイングケース・・・など、完成品をご用意して
その布を生かしたものづくりを提案します。


こぎん刺しの初心者の方で大丈夫ですが、
針仕事には日ごろから親しんでいる方向けの講座となります。


お願い:
今回は初めての小規模の会ですので、ヒナタノオトに日ごろお越しくださる
お客様対象とさせていただきます。
(当方からご案内状を送らせていただいており、
すでにご来店くださったことのあるお客様とさせていただきます。
今回の様子をみて、今後の教室も検討いたします。)


1月25日(金)・26日(土)にメールにてお申込みをお受けいたします。
←左のメールフォームから、お名前とお電話番号をお書きの上、
1通のメールにおひとり様でお申し込みください。
ご希望者多数の場合、27日(日)に抽選を行います
(グループでお申し込みいただきましても、抽選はおひとり様
ずつさせていただくことになります。)
ご応募いただきましたお客様全員へ、27日中にお返事をさせていただきます。


冬の日。
こっくりとしたチクチク時間をご一緒に・・・。

PageTop

十人十色 冬 vol.2

den2b


火・水とお休みをいただき、「十人十色 冬」 vol.2の準備をします。

1/24(木)~2/4(月)
出品作家 
伊澤明子・染織(桜) 小美濃厚夫・木工(箱) 熊本充子・磁器(描) 
国府田喜代恵・染色(袋) 萩原朋子・陶磁(抱)

伊澤さんは、糸を染め、布に織る人。
桜で染めた糸から織られたものをはじめ、綿を中心にした織物を。

木工の小美濃さんはからは、さまざまな「箱」が。
シンプルで美しく丁寧に作られた木の箱って、暮らしの中で生きますね。

磁器に染付けの熊本さんは、従来の絵付けのモチーフから離れて、
イラストのような絵も心楽しい器。

草木でろうけつ染めをする国府田さんからは、とっても使いやすい、
軽くてじょうぶな大人のトート(わたしたち、きよえさんバッグって呼んでます)を、
今展のために制作していただきました。

ほやほやお母さんの朋子さんからは、出産後2回目の出品を。
動物のいる風景。
「抱く」という言葉は、朋子さんにとって、今ならではですね。

vol.1の
加護園・ガラス(氷) 加藤仁志・陶磁(直) 世良順・ジュウリー(時) 
成田理俊・鍛鉄(鉤) 

とあわせ、10人の作品世界。
ヒナタノオトでどうぞ、ごゆっくり、お楽しみくださいませ。

:::常設の作品コーナーも充実しています!合わせてご覧ください。

PageTop