FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

加護園さん

kagoc


明日から、galleryらふとでは、加護園さんの個展。
桜、ちょうど満開です。
そして、、桜の作品がこの画像。

今日は、展示をしてきましたが、もう、なんと言っていいのやら。。。
すごいことになっています。。
力、みなぎっているのですね。
すばらしい作品ばかりでした。
工芸をあんまり、大きな強い言葉で表したくない私ですが、
今回ばかりはお許しください。。といった感じです。

スポンサーサイト



PageTop

地震

能登の地震は、想像を超えて被害が大きかったようです。
以前、金沢に暮らしていたとき、金沢の人たちは、地震をほとんど経験しておらず、関東は地震が多くて怖い、、と言っていました。
そんな石川県で起こった地震。
被害が広がらずに、すみやかな復興を祈っています。

ヒナタノオトにも作品を出していただいている赤木明登さんからも、
お知らせが届きました。
ご家族やお弟子さんたちに大きな被害はないと伺い、
少しほっとしましたが、だいぶ失った作品もあるとのことです。
画像を拝見すると、製作途中のお椀類が放り出されていて、
どんなに大きな揺れだったかを思いました。
4月2日からの桃居さんと桜ショップさんでの企画展には、
出品されるとのことです。
どうぞ、お疲れのでませんようにと祈ります。

(ヒナタノオトでも5月にお椀を数種類お出しいただくように
お願いしておりましたが、もしかして遅れることになるかも
しれませんが、どうぞお待ちいただけますように。。)
追記:4月4日に思いがけず、お椀が届きました。 ※こちら

PageTop

校長先生のふたつの家

sum1


今日「住む。」が発売になりました。

「校長先生のふたつの家」
表紙にもタイトルが書いてありました。

sum2


デンマークにあるボンホルム島というところ。
学校に通ったということもありますが、
私にとっては、不思議な「縁」を感じる土地です。
初めて行った11年前、「あ、いつか私、ここに住んでいたかも?」
なぁ~んで思ったような・・・。
気がつけば、ずいぶん通って、親戚のように親しくしてくださる方も
増えました。

今回は13頁にわたって、記事と写真を掲載しています。
ご覧いただけたら嬉しいです。

そうそう、校長先生のふたつの家、、、
ですが、もうひとつの家(引越しをされる前の)は、
「北欧の道具と暮らしたい」(主婦と生活社)の中に。

sum3


「住む。」・「北欧の道具と暮らしたい」ともに、
ヒナタノオトでも販売しています。

PageTop

たっぷりと

房総、鴨川にて。

200307e


あ、桜。


200307d


夏蜜柑もスズナリ。


200307c


野生のしいたけもボコボコと。


200307b


ハートの葉っぱはアカネちゃん。
根っこで赤を染めるのだそうですが、いったいどれだけの根っこを使うことでしょう。

:::

樹のために払ってもよさそうな枝を選んで、ヒナタノオトへ。
たっぷりの枝ものを、中本純也さんのたっぷりの焼き〆壷に
活けましょう。

200307


お昼のお土産は、セリと三つ葉。
春の香り。

PageTop

モモチドリ

昨晩、春のご案内状を投函しました。
はい、日本橋局に持参して、記念スタンプ押してもらって・・・。

今回も、宛名書きをすべて手書きにしてみました。
なんだか、喜んでくださるお声を聞いたので、
(ちょこっと小耳にですけど)うれしく書かせていただきました。
けれど、、、全部書けるのは、今回が最後かなぁ。
お顔とお名前が結びつく方は、なるべくこれからも書かせていただきたいと思っています!

今回、お便りのほかに、デンマークで撮影した室内の写真を3種類、
ポストカードに制作しました。
そのうち、1枚を封入して・・・。
どれが届くかは、お楽しみに!
(ちなみに、ショップでは100円でお頒けしています。)


・・・それから、実は印刷物が足りなくなってしまい、あと少し投函出来ていないのです。
少し遅くなってしまう方、ごめんなさい!
今日のタイトル、モモチドリの意味、書いてあります。

PageTop

らふとでは

mouryou

galleryらふとでは、17日(土)~25日(日)の9日間、
舞良雅子(もうりょうまさこ)絹の布展を開催しています。

舞良さんの絹のストール。
大人のストール。
使うほどに惚れ惚れするような、素材と技術とセンスが上質なもの。
(私も幾つか長く愛用しています。)

空間構成力もある舞良さんは、大きなタピストリーも制作を。
小屋ギャラリーの中で、光を透かせて泳ぐよう・・・。

そして、今回はさまざまな表情のランチョンマットと、
ティーマットのサイズの絹の布もたくさん織り上げてくださいました。
これは、インテリアに多用できそう。
花瓶敷きはもちろん、これを素材にして、照明なんて素敵ですよ。。。

この土日、本間由美子はらふとへ、
私、稲垣はヒナタノオトで、皆様をお待ちしています!

PageTop