ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雑って?

呼び名にこだわる訳ではないのですが、
ヒナタノオトを「雑貨屋」さんと思われるのは
どうにも居心地がよくありません。

「工芸」でございますって、いばっているみたいなのはイヤですし、
私自身、個人としては雑貨屋さんが嫌いではなかったし。

ものとしての魅力には、工芸も雑貨も工業製品もなんの枠もない。
むしろカテゴリーなんてなくって、
使う人がいいなって感じられればそれでいいのでしょう。


:::


小泉誠さんの「こいずみ道具店」のnewsに、ハッとして共感する文章があった。
ちょっと長いけれど、引用させてもらいます。。


「道具のデザインをする立場から「雑貨」という言葉が大嫌いです。
たしかに雑貨屋さんを覗くと雑に作ったものが数多いのですが、
多くの手で丹念に作られた道具に「雑」がつくことが許せないのです。
名前にこだわるわけではありませんが、雑貨という言葉が
まだ成熟していないのかもしれませんね。
雑巾、雑煮、雑草のように新たな価値観を持つときが
いつかくることを願っています。
・・・・・・・」

:::


特定の作家としての名を持たない職工が、
あたりまえの仕事として作ったものの、
すこやかな美を見出したのが民芸だったとしたら、
使うためではなく、お土産としての民芸風になった時、
その美は失われたのかもしれない。

都市生活に呑み込まれていない地方や、
あるいは日本とは違う生活様式である海外の暮らしの中で必要だった用具や道具。
それらを新鮮な感覚で捉えて、美を感じるのはちっとも変じゃない。

でも・・・。
「消費者」がそう感じるだろうな、と思って「それ風」なものを作り始めたら、
それは昔のお土産民芸品とまったく同じような気がする。
今、日本の雑貨屋さんにあるものの多くに、私はそんなものを感じてしまうのです。


:::


小泉さんのコメント。
実は「雑貨カタログ」という本で、雑貨オブザイヤーの人物部門を受賞された時のコメント。
上記の文章に

「・・・・勝手な愚痴をこぼしておりますが、今回多くの皆様に支持を頂き、
とてもうれしく思っています。ありがとうございました。」

と続いています。
小泉さんも「雑貨」がもつ軽快さを否定しているのではないように思いました。
それでも、「雑」と言い切られては済まされない、技術や素材への探求やデザインワーク・・・。
そういったことにこそ、ご自分の仕事があると思われているのではないでしょうか。

ヒナタノオト。
ここでも、「雑」ではすまされないものが響き合った、
今を生きる作り手の作ったものを、紹介していきたいのです。
安くて素敵な「雑貨」を一緒に置きはしないけれど、
本来、雑貨という言葉がもつ、軽やかさや心楽しさが感じられるような雰囲気の中で。

スポンサーサイト

PageTop

at2


右、赤木明登さんの漆の筒。
左、津田清和さんのガラスの筒。

赤木さんのものは、先日の桃居さんで手に入れました。
メタルシリーズともいえる風合いのもの。

津田さんのものは昨年夏、gallery comoさんの個展で入手。
銀の箔が絡められていて、その古色は出土品のよう。


at3


さて、何を入れましょう。
飾るというのも「用途」のひとつではありますが、何かを入れて使おうと思っています。

現在、ヒナタノオトの私の机の後ろの棚の中央に。
ここ、器がいろいろ置いてありますが、この場でちょっとした食事の時にこれらを使っています。
で、文房具入れにも。。
クリップや名刺が入ったお湯飲みや鉢もあって。。
案外、使い心地、よいのでした。

002

PageTop

まあるいポット、まあるい思い

cha

(photo chiharu hagihara)


「千春さんのポットはありますか?」

大人の男の人の声。
はい、あります。
とのこちらの答えに
「では、夕方お寄りします」
と電話は切れた。

窓の外の闇の気配にキャンドルの明かりが映える頃、
コートをまとった男性は、店内に入るとまっすぐ萩原千春さんのポットの前に立った。

幾つかのポットや急須を並べ、ご希望を伺い、質問に応じ、
ひとつのポットをお選びいただいた。
ご進物用に丁寧に包装する。

「千春さんの作品をよくご覧になられるのですか?」
とわたしが尋ねると、
「本を読んでぜひ見てみたいと思ったんです」
とほほえんでくださった。
「千春さん」と親しげに言われたので、お知り合いかと思ったのだけれど、
なるほど、私は本で萩原さんとではなく「千春さん」と書いていた。

選ばれるときの陶磁器への触れ方で、焼き物がお好きなことがよくわかった。
いいものをたくさん見ている方だろう。
そのような方が、本を読んでこうして来てくださったこと。
ありがたい気持ちでいっぱいになった。

「実は新潟から東京へ出張に来て、ぜひお寄りしたいと思ったのです」
帰り際、その男性はさりげなく伝えてくれた。
選んでくださった、まあるいポット。
千春さんの手になるそのポットは、
そんな思いを寄せてくださった方の気持ちに、きっと応えてくれる。
そして、そう確信できるものを扱えることに、
まあるい気持ちに包まれていた。

PageTop

工芸と本と

rm1


三谷龍二さんの新著
「僕のいるところ」(主婦と生活社)
ヒナタノオトでも販売しています。

作品は新年、1月10日から展示販売が始まります。

ヒナタノオトにいると、本にまつわる方々との出会いが日々あります。
本屋さん、編集者さん、装丁家、豆本を作っている方とかとか・・・。
そして、工芸作家もどこかで本のエッセンスを持った人との会話が多くなりました。

ヒナタノオト。
ロゴはブックのマークが。
工芸と本と。
その響き合いの中から、何かを始めたいなぁ。
そんな希望、そして予感。

このロゴの頁。
これからめくっていこうと思うのです。

logos

PageTop

いのししさん再登場

at1


高橋朝子さんのご紹介ばかりになっちゃいますが。。
時節ですので。。

来年のえとの「いのしし」再登場です。
今回は、胡桃とイチイの木。

いのしし年の方にも、そうでない方にも。
リアルかわいい?いのししです。
at2

PageTop

津田清和さん

kt1


新しくやってきました。
津田清和さん。

光学ガラスの技法も使っての、なんとシャープな美しいガラス。
手仕事でこんな端正な仕事を。

私が最初に手に入れたのは、ガラスの筒に箔が回った、なんとも古美がかかったようなもの。
宝もののような思いを籠めて!飾っています。



kt2


この黒釉の陶器のような器も、ガラス。

ほかにもガラスの印象が変わるような美しいもの、、
届いています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。