FC2ブログ

ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

工房探訪

「思想工房」などとカテゴリーに名づけながら、
なかなかこちらに綴れずにおりますが、
日々、ぐるぐる、ぐるぐる思考を続けています。
というより、続けざるをえない日々を送っている、
そんな感じです。

本作りの柱の企画として、20の工房をお訪ねすることにしました。
これで16工房を訪ねたところ。
北は盛岡から西は岡山。
月末には北海道にも向かいます。


180612a


今の気持ちとしては、
ああ、私ってわかっていなかったんだなぁ。
ということ。
そして、今も、けっしてわかってはいない、
ということ。
それくらい、作家とか、作り手とか、工芸とか、もの作りの世界って
表面的には凪いだ海面のようでいて、
その海中では、実に絡み合って、うねりあっているんだ、と。

人の話を聞く、ということは、自分に気づくことでもあるんですね。
この工房探訪を始めた5月より前の自分には、もう戻れない感じです。
うねりあった海中から、自分の進むべき潮目を見出すために、
探訪、そしてぐるぐるテツガクを続けているのでしょうか。

工房からの風も、ここヒナタノオトも、この本作りを終えたあと、
明らかに変化していくような気がします。
それはきっと必然のことで、今がそのタイミングなのでしょう。

と、読んでくださった方には、さっぱりわからないような抽象的な話でスミマセン。

:::

なので、ひとつ具体的なお話を。

本作りの中では、お訪ねした作家との会話から、
1つ2つ印象的なフレーズを灯し、それを中心に書き綴っています。

ある作家の方の言葉に、、
「自分がうまくいかなかったとき、
もう一度手をつないでくれるかどうかが、
そのギャラリーとつながっていけるかの鍵…」
というようなフレーズがありました。

よかったときに、よかった!よかった!
というのは当たり前だけれど、
ついしくじってしまったとき、
見放さずにもう一度手をつないで、機会を作ってくれる人や
ギャラリーとは、心からつながっていけると。

ちょっと、ドキッとしました。
自分にそれは出来ているかな、と。
仕事であって、お互いが真剣なのだから、
相手の失敗は自分にとっても厳しいもの。
それでも、もう一回手をつなごうという気持ちにがあるかどうかは、
自分の器の大きさが問われるような気がします。

そして、それは相手をちゃんと惚れているか
ということでもありますね。
(惚れる、が的確でなければ、リスペクトしている)
惚れて溺れてはいけないでしょうけれど、
いろいろなことも包み込めるほど
惚れるような相手と仕事をしたいものです。

と、このことは話の流れ的には、
本には書かないような気がするのですが、
ここに書き留めておこうと思います。
このことって、仕事だけではなくて、
日々の人とのつながりの中でも言えることだと思って。

あと4つの工房探訪から、どんなテツガクが導かれるのでしょうか!?

スポンサーサイト



PageTop

たつべきところ 

思想工房 2

続きを読む

PageTop

はじめの一歩

始まりましたよ、旅。

今秋10回目を迎える「工房からの風」に向けての冊子づくりの旅。
そう、気分は旅、なのです~

10回。
当初は隔年開催でしたから、第一回が2001年。
この間、なんとたくさんの作家と出会えたことでしょう。
そして、たくさんのことを、その出会いから学ばせてもらったことでしょう。

うれしいこと、ゆたかなこと、ありがたいこと。
ほんのちょっぴりつらかったりさびしく思うこともあるけれど、
そんなことも含めて、真剣だったということでしょう。

企画時から数えれば、この12年間に
なんとたくさんのことが詰まっていることか。。。
それをこれからの人たちにもっとも必要な姿で残せるように。。。
そんなことを思いながらの企画です。
年末から潜行してきましたけれど、いよいよ本格的に始動!です。

柱のひとつを冊子作りにしています。
どのような編集になるかは、進めながら動いていきそうですけれど、
50人くらいの作家さんに関わっていただきながら、
「工房からの風」の姿、風のまんなかを、一冊にできたら。。。
と思っています。

まじめにたのしく。

ばくっとしたイメージは、九州新幹線開通のCMみたいな感じ。
(って、言われても、工房からの風がどうして??って、
私にしかわからないかもですよね。
でも、出来上がったら、わかってくれるかも・・・)

夏の終わりにはきっと入稿しなければですから、
これからの数ヶ月、2001年からの「工房からの風」で
出会った方々を通しての「旅」のような日々が始まりました。

:::

140412a


第一回目の記念ショット!
桜の花びらがこぼれだした花曇の日。
80年前後に生まれた若き作り手4人の方に、らふとに来ていただきました。

降り出しそうな花曇だったので、かえって花見の人もなく、
まるで広い庭に集った4人の作家のために、花びらが降り注ぎ始めたようでした。

この世代の方たちが今どんなことを思ってこの道を歩いているのか。
そして、「工房からの風」にどんなことを思って応募し、
当日、そしてそれ以降、どんな風が皆さんに吹き続けているのか?
たっぷり伺うことができました。

さあ、今度は岩手にも行ってきます。
旅は続きます。

PageTop