ヒナタノオト工芸帖

日本橋小舟町の工芸ギャラリー・ショップ「ヒナタノオト」の作品ノオト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

富井貴志・木工の仕事

展示搬入の日は、楽しく、弾む気持ちが勝っていたけれど、
今日一日作品とじっくり向かい合ってみたら、
じわじわっと響いてきた。

まるで、静かな音楽のよう。
けれど深い音。

丸い盆。
四角い板皿。

ただそのものを作るために、作家はどれだけ自分を映すことになるのだろう。

薄味にこめられた滋味深さ。
その味わいを感じ取り、それを求める使い手の方が、
こんなにいることの驚き、喜び、
そして、自分の舌をもっと磨きたいと願った。

長く使われるためのもの。
そのものに与えられる美しさって何だろう。
そんなことを、真剣に考えました。
こういう真剣、がうれしい。

富井さんの木の器。
とてもいいです。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

作り手の言葉

いわもとさんと垣本さんの展覧会初日。

垣本さんがいわもとさんの作品に向かって発した言葉。

「ひとつとして、無難なものがないですねー」

いわもとさん、

「そっくり、その言葉お返しします~」

:::

凛として、には、こんな潔さが潜んでいたのですね。
なるほどたしかに、「無難」なものがなかった。
使う人を慮るのと、使う人に媚びるのは、似て非なり、ですもの。

とはいえ、無難に作ってしまいたくなるのもわかるのです。
誰かに選んでほしい、使ってほしい、と思って作られたものだから。
でも、やっぱり、無難、に作ったものは、結局選ばれなかったりする。
選ぶ人の目ってすごいなぁ、といつもほとほと思うのでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。